スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
自立支援法を考える学習会
「どうする・どうなる自立支援法」
~自立支援法を考える学習会~

来る3月19日(日)、愛知県安城市にて自立支援法の学習会を行ないます!
講師のメンバーは、年度末とは思えない豪華メンバーです。
詳しくは下記をご覧ください↓
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/38672bb6/bc/%a5%d5%a5%a9%a1%bc%a5%e9%a5%e0/821c/%bc%ab%ce%a9%bb%d9%b1%e7%cb%a1%a4%f2%b9%cd%a4%a8%a4%eb%b3%d8%bd%ac%b2%f1.doc?bcoFaDEBXv_dYjlL
スポンサーサイト
【2006/03/08 00:04】 | フォーラムの案内 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑
アメニティーフォーラムinしが9 更新版
アメニティーフォーラムinしが9
プログラムをアップしました!

皆さん、アメニティーフォーラムまであと2週間となりました。
もうお申込みはお済みでしょうか?
「まだ申し込んでいないわ!」という方がいらっしゃいましたら、
お早めにお申込みください。

さて、アメニティーフォーラムのプログラム更新版をアップしました。
前回のパンフレットと変更しているところもありますので、ぜひご覧下さい。↓
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/38672bb6/bc/%a5%d5%a5%a9%a1%bc%a5%e9%a5%e0/%a5%a2%a5%e1%a5%cb%a5%c6%a5%a3%a1%bc/%a5%a2%a5%e1%a5%cb%a5%c6%a5%a3%a1%bc%a3%b9/%a5%d7%a5%ed%a5%b0%a5%e9%a5%e0%b9%b9%bf%b7%c8%c7.pdf?bcs1Y4DBPdxXFn.f

申込み用紙↓
http://proxy.f2.ymdb.yahoofs.jp/users/38672bb6/bc/%a5%d5%a5%a9%a1%bc%a5%e9%a5%e0/%a5%a2%a5%e1%a5%cb%a5%c6%a5%a3%a1%bc/%a5%a2%a5%e1%a5%cb%a5%c6%a5%a3%a1%bc%a3%b9/%bf%bd%b9%fe%a4%df%cd%d1%bb%e6.pdf?bcs1Y4DBl9qQgxl7

お問合せ・お申込みは、実行委員会までご連絡下さい。
《アメニティーフォーラムinしが実行委員会》
TEL:0120―758245
FAX:0120―758260
http://www.shien-net.org

※なお、会場となる大津プリンスでの宿泊はすでに満室となりましたのでご了承下さい。
※フォーラムの参加はまだ受け付けております。ぜひお早めにお申込みを!
【2006/02/01 17:06】 | フォーラムの案内 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
障害程度区分の説明会資料(平成18年1月13日開催)
障害程度区分の説明会資料(平成18年1月13日開催)がWAM-NETに
アップされました。


障害程度区分の認定作業は、行政が直接やるか、地域の事業者に委託するのかを
それぞれの自治体毎に選択することになっています。

事業所に財布の紐を渡すようなことをするという意味で、認定調査の事業委託に
二の足を踏む自治体が多いようですが、一方で、自治体職員の職員定数を増やせない
という足かせがあり、どの自治体も悩んでいるようです。

障害のある人の生活や状態像をきちんとわかる人が認定調査をやり、それが
適切かどうかを行政がチェックするという形が理想的だと思われますが、
いずれにしても、その地域の運動や行政の考え方で、認定作業のありように、
かなりのばらつきが生じ、認定基準を作ったのに、認定された障害のある方の
程度区分分布がばらつく可能性はかなり高いと思います。

そういった意味では、認定作業をだれが、どのように行うのかという、
実際行う人の質などを各地域で、早急に自治体と話し合う必要があります。

障害程度区分の説明会資料(平成18年1月13日開催)↓

http://www.wam.go.jp/
1月19日アップ
【2006/01/24 14:15】 | 福祉ニュース | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
自立支援法パンフレット
あけましておめでとうございます
昨年は大変お世話になりました。
本年もどうぞ、よろしくお願いいたします

さて、いよいよ4月より、自立支援法が施行されます。
分かりやすいパンフレットが、全社協から出されました
http://www.shakyo.or.jp/pamphlet.html

紙媒体も、1月13日(金)より販売されるそうです。
詳しくは、「全国社会福祉協議会」まで
http://www.shakyo.or.jp/
【2006/01/17 15:19】 | 地域支援ネット事務局より | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
マルチメディアDAISYキャンペーンセミナーのご案内
「マルチメディアDAISYキャンペーンセミナー」

【日時】2006年1月29日(日)13:00~ 17:00まで(受付12:30より)

【会場】戸山サンライズ 大研修室
http://www.normanet.ne.jp/~ww100006/tizu.jpg
〒162-0052 東京都新宿区戸山1-22-1

都営バス
JR新宿駅西口(小田急ハルクより)
 新宿駅西口にて 宿74・東京女子医大行(医療センター経由)に乗車
JR大久保駅より
 大久保駅前にて 橋63・新橋行に乗車
JR新大久保駅より
 新大久保駅前にて 橋63・新橋行に乗車

【概要】
当協会では、2001年より認知・知的障害者を対象とした情報支援技術とてDAISYの啓発・普及を進めてまいりました。
本セミナーは、マルチメディアDAISYを使用した事例及び試みの紹介、び普及に伴う課題の把握、DAISYの活用について意見交換及び討議する場を提供します。

【定員】200名(事前申込制)

【参加費】500円(資料代)

【案内URL】
http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/seminar/060129.html
【プログラム】
12:30~ 受付開始

13:00~
主催者挨拶(財団法人 日本障害者リハビリテーション協会)

13:15~14:40
教材を提供している立場から
・二峰紀子<札幌 かかわり教室>
・水内豊和<富山大学人間発達科学部>*研究助成 2005年度松下教育研財団
・中村芬<NPOデジタル編集協議会ひなぎく>

14:50~15:20
マルチメディアDAISYと著作権について
・井上芳郎(全国 LD親の会)
・河村宏(国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所障害福祉究部長)

15:35~17:00
シンポジウム「DAISYを用いた認知知的障害に対する情報支援」
[司会]
野村美佐子(財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター次長)
[パネリスト]
加藤醇子(クリニックかとう院長)
河村宏(国立身体障害者リハビリテーションセンター研究所障害福祉研部長)
城達也(手織適塾さをり東京)
石川准(静岡県立大学国際関係学部教授)
藤澤和子(京都府立向日が丘養護学校)
撹上久子(JBBY)

<要約筆記付き>
*プログラム及び時間は変更になる恐れがあります。ご了承下さい。


[主催]
財団法人 日本障害者リハビリテーション協会

[助成]
独立行政法人 福祉医療機構

[お申込方法]
メール、郵送、ファックス、CGI(下記URL)にて申込受付
http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/seminar/060129.html
*定員200名になり次第締切

[参加申込先]
(財)日本障害者リハビリテーション協会
DAISYキャンペーンセミナー担当 飯田・野村
Tel:03-5909-8280
Fax:03-5909-8284
Email:daisy_c@dinf.ne.jp


[申込締め切り]
2006年1月23日(月)
メールでお申込みの方は以下をご利用下さい。
-----------------------------------------------------------
「マルチメディアDAISYキャンペーンセミナー」申込み

参加申込みフォーマット

■お名前(ふりがな):
■ご所属:
■ご住所:
■電話番号:
■FAX:
■E-mail:
*下記に該当します(該当するものに○を付けてください。)
1)要約筆記が必要
2)車椅子スペースが必要
3)点字プログラムが必要
【2006/01/17 10:52】 | フォーラムの案内 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。